オペレーティングリース

LEASING
ABOUT

サービス概要

オペレーティングリースとは、カメイ商事がリース開始時点においてリース物件のリース満了時における残存価格(中古市場価格=図のオレンジ色部分)を査定し、その金額をリース料の算出ベースから控除するリースです。

オペレーティングリース

残存価格について

  • カメイ商事は、リース満了時にリース物件の返却を受けた場合には、当該物件を中古市場にて売却し、残存価格部分を回収します。
  • 当該物件の中古市場価格の変動リスク(物件処分リスク、経済価値リスク)はカメイ商事が負担します。

お客様は、物件価格の全額を負担することなく設備投資を行うことが可能になります。

MERIT

オペレーティングリースのメリット

オペレーティングリースのメリット
  1. より柔軟なリース期間の設定が可能

    カメイ商事にて残価を設定することにより、ファイナンスリースでの最短リース期間よりも短い期間での設定が可能。
    ファイナンスリースの規制を外れるため、お客様の生産計画に合わせた期間設定が可能になります

  2. 予算制度のネックを回避・総投資額の軽減

    初期投資額の軽減ばかりでなく、総投資額を70%~90%に抑えることが可能となります。

  3. リース料は全額損金処理が可能

    オペレーティングリースは賃貸借取引なので、ファイナンスリース同様全額損金処理が可能です。
    ファイナンスリースより早期償却効果があります。

  4. 物件の買取りが可能

    オペレーティングリースは中古市場性の高い物件を対象とし、残価については中古市場価格をベースとして設定しているため、期間満了後は時価相当での買取りが可能です。