リース

購入選択権付リース

購入選択権付リースとは、リース契約時に、あらかじめリース契約満了時点での買取価格を設定し、契約満了時に下記1〜3の何れかのオプションを選択頂き、その権利を行使するリース契約です。
通常のファイナンスリースではリース満了時のお客様オプションは、物件返却か再リース(リース延長)ですが、購入選択権付リースでは、 リース満了時にあらかじめ定められた価格(買取価格)にてご購入頂けますので、基幹製造設備・機器など長期使用が予定される物件に最適です。

リース期間満了時点でのオプション

  1. 契約時に定めた買取価格にて、当該物件を購入する
  2. 契約時に定めた買取価格にて、再度リース契約を組み直す
  3. リース契約を終了し、物件を返却
    (但し、この際は第三者への物件の売却または斡旋を頂き、売却価格が契約時に定めた買取価格に満たない場合は、お客様より差額を頂戴いたします。)

購入選択権付リースのメリット

  1. 月々のリース料を圧縮
    リース料の算出にあたっては、あらかじめ設定した買取価格(残存簿価)を差引いた物件代金を基準としますので、通常のファイナンスリースに比べて月々のリース料を大幅に圧縮できます。 従って高額な投資により多額の初期費用が発生し収益を圧迫する場合や、事業計画上早期黒字化の必要性がある場合において、お客様の費用負担を軽減することによりその効果(益出し)を十分に発揮することができます。
  2. リースにおける税務・(会計)上のメリットは、そのまま享受できます
    リース料はファイナンスリースと同様に全額損金処理が可能です。また、会計上もオフバランス取引となり、設備資金調達による有利子負債の増加、及び総資産の膨張を回避して総資産利益率(ROA)の向上を実現できます。 また、契約期間中は金利が固定されますので、将来の金利上昇によるリスクも回避できます。
  3. リース料の総支払額も軽減
    物件使用期間が長期にわたることが予想される場合は、通常のファイナンスリースで再リースを継続されるよりリース料の総支払額を低く抑えることができます。
  4. お客様のご選択でリース期間終了後に物件を購入することができます
    リース期間終了後、物件を更に長期使用する必要性がある場合や、お客様の基幹設備や機密性の高い物件等で最終的に資産として計上しておいたほうが望ましい場合、 または利益が上がり減価償却費を計上したい場合には、お客様のご選択で物件を購入することができます。 また、お客様の予算や収益計画に応じて、買取価格(残存簿価)にて再度リースを組み直し、2次リース、3次リースすることも可能になります。